2013年5月30日木曜日

グラスの結露をふきとる度にあの子はわたしを見つめて笑った



「不良とか優等とかさー、あたしもいまだによくわかんないんだけど、でも、男の子は女の子よりわかりやすいとおもうの、特に喧嘩するようなのにはふたつのタイプしかいない、ひとつは名前を欲しがってる子、何中学校の誰それを倒したからあいつはやばい、強い、偉い、みたいに言われたい、『外側』を求める子と、もうひとつは、人を殴ったり蹴ったりすることがただただひたすら気持ちいい子、自分の『内側』を求める子」

「なんとなくわかる」

「でしょ、だいたいどっちも、みんな持ってるけど、たまーに極端な奴いたよ」

「うん」

「特に、気持ちよくなりたいのが理由でやってる方はやばかった、ような気がする、」

「あー、ブレーキがないから」

「そう、人を殴ってるときの目が、まずやばい」

「誰のこと言ってんの」

「気付いてるでしょ」

「うん、ふふ」

「会いたいね、XXXXに」

「うん、会いたいね」

「あたしね、OOOが、女でよかったなあって思うよ」

「なんで?」

「OOOが、からだが丈夫な男の子に生まれてきてたら、きっとXXXXみたいになってた」










「会いたいね、」

「うん、すごく」











ふたりはいつの間にかお酒を呑んでも怒られる理由のない年齢になっていたし、冬ももうすぐそこまで来ていたのに、その日入ったスペイン料理屋でふたりはふたりともサイダーを頼んだ。
ふたりは22歳で20XX年に居て、彼は16歳で永遠の中に居た。

0 件のコメント:

コメントを投稿